CRF豊胸の特徴とかかる値段について

一番気になっていた値段についてもしっかり調べる必要がある

社会人になった機会に豊胸手術を行うことを一つの選択肢として考えるように / 通常の脂肪よりも生着率が高いCRFの利用は理想的 / 一番気になっていた値段についてもしっかり調べる必要がある

このようにCRF豊胸のメリットなどを理解した上で、実際に治療を受けるにはどれくらいの傷跡が残るのか、そして一番気になっていた値段についてもしっかり調べる必要があると思い、チェックすることにしました。
値段はCRF豊胸自体は税抜で110万円、さらに別途で脂肪吸引にかかる料金が脂肪吸引を行う部位によって変化します。
人によってはお尻や太ももなどにある不要な脂肪吸引をしっかり行ってから、豊胸も希望するという方も多いので、そういった場合は豊胸に必要な分のCRFのみ加工して、加工市内分は破棄するという流れです。
傷跡などが目立たない仕上がりにしたいという方に向けた、ばれない豊胸では脂肪吸引代、脂肪注入代、静脈麻酔代を含んだ税抜30万円に、CRFを追加する場合には追加料金が15万円かかります。
このメニューは脂肪豊胸が目的であり、脂肪吸引が目的ではないけれどCRFで安全に施術を行いたいという方に向いていると思いました。
その他発生する値段に関しては、血液検査代金が税抜で10,000円で脂肪吸引した箇所に使用する圧迫下着は税抜12,500円かかります。
支払い方法は現金もしくはクレジットカード、そして医療ローンに対応しているクリニックで、今回は医療ローンを利用して施術を受けることにしたので、高額な費用がかかりますがそこまで負担を感じずに受けることが出来たことも良かったです。

クリニックによって値段にばらつきあるけどCRF豊胸はだいたい100万前後は見といたほうがいい
ただの脂肪豊胸だと30~50万くらいは安くなるけどやっぱり定着率微妙だしシコリになりやすいみたい

— コンデンスリッチ豊胸(定着率 ダウンタイム 経過 失敗画像 症例写真 しこり) (@kdrc548) September 20, 2021