CRF豊胸の特徴とかかる値段について

通常の脂肪よりも生着率が高いCRFの利用は理想的

社会人になった機会に豊胸手術を行うことを一つの選択肢として考えるように / 通常の脂肪よりも生着率が高いCRFの利用は理想的 / 一番気になっていた値段についてもしっかり調べる必要がある

この方法に興味がでてきたので詳しく調べたところ、脂肪を特殊な容器に入れておもりで蓋をした状態で遠心分離機に入れ、容器を回転させると胸に注入する濃縮された純粋な脂肪と赤血球や遊離脂肪酸、繊維質などの不要な部分が完全に分かれます。
後はCRFのみ脂肪豊胸することで、トラブルとして起こる可能性があるシコリなどの合併症が起こる危険が低下するといわれています。
またこのCRFには脂肪幹細胞の濃度が高まっているため、注入後の定着率も高く効率的な脂肪豊胸が行えるメリットがあることも知りました。
従来の脂肪豊胸との違いは、脂肪吸引した脂肪を静置して沈殿させた不純物を吸引除去する方法でしたが、通常の脂肪豊胸や多血小板血漿を脂肪に添加して行うPRP豊胸よりもこちらの方法の方が不純物が少ないと知り、安全性の高さ治療として非常に魅力的だと理解しました。
実際にCRF豊胸を受けた女性の傾向としては、脂肪注入後のシコリ発生リスクを最小限にしたいという方や、注入した脂肪の定着率を上げたい場合、そして30代以上の方に多いとされます。
特に30代以上というのは25歳をすぎると年齢ともに細胞の活性化が低下していくため、通常の脂肪よりも生着率が高いCRFの利用は理想的です。